<< パントリップその2 sudo(スドウ) | main | パントリップその3 81ベーカリー >>
喫茶こけしの紹介です。
 喫茶こけしのマスターのこけしです。
15日のパンモックと喫茶こけしVol.1、いよいよ来週に迫りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、当日はいろいろなお店のパンと、珈琲を中心とした飲み物をご用意する予定なのですが、パン紹介の合間に、少し珈琲の紹介もさせてください。


まずは今回お出しする豆の紹介です。

豆はブラジル、ジャガランダ農場産の有機栽培の珈琲豆です。
ワールドカップイヤーということで、ブラジル産を選定しました。
味は苦味もなく、しかし味に深みのある飲みやすい珈琲になります。


※焙煎前の生豆はこんな色なんです。(貧血藤木色)


そして肝心の焙煎ですが、手動の焙煎器を使って当日焙煎した豆のみを使用します。
こちらがその焙煎器になります。


※映画館で最初に出てくるあいつに似てる!?


この容器に生豆を入れて左右に振りながら直火に当てて焙煎します
焙煎してから一日後が美味いとか、三日目がいいとか諸説ありますが、
焙煎したての珈琲もエグみがなくて後味もサッパリしていて美味しいのです。
是非、新鮮な珈琲の味と香りを味わってみて欲しいです。


※焙煎したてのお豆さん。美味しそう!いい香り!


焙煎の後はいよいよ抽出ですね。
器具はエアロプレスというコーヒーメーカーを使います。


※大きな注射器のような器具です。


アメリカのフリスビー会社が開発した商品で、空気圧により一気に淹れるものです。
豆の成分や油分がしっかり抽出されて、コーヒー自体の味が引き立ちます。
ご希望であれば、ペーパードリップで淹れることも出来ますので、飲み比べをしてみても面白いかもしれませんよ。



続いてエスプレッソマシンです。


※これを持って山へGO!


ハンドプレッソというハンディタイプのエスプレッソマシンで、電源要らずで淹れられるんです。
お湯さえあれば、山頂でもどこでもエスプレッソが楽しめる、画期的なマシンです。
今回はこちらでエスプレッソと、カフェラテをご用意致します。


以上、代表的な道具の紹介でした。
どれも個人で買えて家庭でも使えるものなので、興味のある方は当日声をかけて頂ければお見せしますよ。

※当日はmujina制作の木製パンバッジも販売する予定です。

こちらもまた改めてご紹介しますね。乞うご期待!


是非、美味しいパンと珈琲を楽しみに旧三福まで来て下さいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「パンモックと喫茶こけし vol.1」
日時:3月15日(土) 12:00〜17:00
場所:旧三福(小田原市栄町3ー12ー8)

※事前申し込み不要/ワンドリンク制
※通常通り ハンモック相談も承ります
※サボテン狩りはお休みですが、サボテン相談は承ります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| パンモック | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hammock-labo.com/trackback/914840
トラックバック