<< ハンモック隊 in メヒコ オアハカとハンモックの巻 | main | ソロでハンモック隊 in メヒコ 裏ファイナル >>
ハンモック隊 in メヒコ ファイナルどたばた帰国劇の巻
細く長くつづけてまいりましたメヒコ日記もついにファイナル!年末ということでかなりかけ足に振り返ってみました。今年の出来事は今年のうちに!無事にファイナルを迎えられてほっとしています。まだ終わってないけど・・・


さて、シティ行きのバスに乗る前にerimockもなんとか復活し、フィガロボヤージュにも載っていたお店へ!



超かわいい・・・!



市場にあるものとはまた違って、センスの良いすてきなかわいい小物や雑貨がセレクトされていて、もう物欲がとまりません。やっぱりメヒコはカラフル。


カラフルな刺繍のクッションやらブリキのオーナメントやらアクセサリーやらを存分に買い込みました。

最後の最後まですべりこみでオアハカを満喫し、無事にシティ行きのバスに乗り込みました。


仕入れたハンモックはこんな感じでバックにくくりつけて。



帰りはちゃんと7時間で着く早いバスでしたよ、途中でわさわさ人が乗ってくることもなく。安心安心。帰りもサボ山に釘付けでメキシコシティへ。


※オアハカの壁

その日のうちにオアハカ⇒メキシコシティ⇒成田というタイトなスケジュールだったので、バスが遅れるわけにはいかなかったのです。予定通り早めに空港に到着し、混雑したカウンターに並ぶことなく機械で自動チェックイン完了!荷物を預け、手荷物チェックも済ませ、あとは帰るだけ〜、準備万端!と、ふにゃふにゃしておりましたが、最後の最後にやらかしました。

素敵なメキシコ画像を挟みつつドタバタ帰国劇スタート。


※トラコルーラの街並

まず、搭乗口が変更になっていたため、超ぎりぎりでゲートに駆け込む2人。最後の乗客です。チケットとパスポートを見せて、いざ!飛行機に乗り込むそのときに・・・。このタイミングでイミグレーションカード(出入国カード)の提出を求められ、動揺するerimock。うっかり預け荷物に入れてしまった模様。かたことのスペイン語でお願いだから乗せて!!!と懇願するも、おかま風のアエロメヒコCAにかたくなに拒否され、搭乗口でまさかの生き別れ!考える余地もないままnojimockは飛行機に乗りこみ、erimockまさかのメキシコ残留。まじか!?!?


※オアハカの教会の裏にくっついちゃった屋台。

ここからの出来事は淡々と振り返ります。予定通りの飛行機に乗ったnojimock、13時間のフライトで朝6時に成田に着くはずが、台風の影響で成田に着陸できず、なぜか夜の9時に札幌着。フライトも15時間遅れたので丸1日以上飛行機の中で缶詰です。翌日も飛ぶかどうかわからぬまま、なぜだか札幌に一泊することに。生き別れの相棒erimockをしぬほど心配しながらも、翌日再び空港へ行くと夜7時の便で成田へといわれる。当然仕事もお休みするしかありません。


※バスの車窓から

そのころのerimock、空港に取り残されて、預け荷物を引っ張り出し、
イミグレーションカードを発見。私を置いて、荷物だけ成田に向かってしまったのかと慌てましたが、本人が乗らないと預け荷物も飛行機には乗らないのですね。私は荷物ともどもメキシコ残留となっていたのです。英語すら通じないこの空港で、深夜12時を過ぎやる気のないぐだぐだな空港職員を相手に、ここまで達成するのも大変だったのです。

朝を待ってアエロメヒコカウンターで航空券の手配をお願いします。すると次の空席は来月といわれて途方に暮れる。とても、おなか痛いとかいってる場合じゃありません。いくら便が少ないったって、それはないでしょう。あと1ヶ月もメキシコ料理で生きていく自身ないんだよ。
すったもんだのあげく、らちがあかんと諦め、シティに向かいます。朝といってもまだ暗い町中で、銃をもった警察が何十m、何百mと通りに並んで警備しているのを見たときはさすがに身を引き締めました。こわかったー。明るくなってから、全ての荷物を背負い込んだままシティを徘徊し、日本語が通じる観光協会にてなんとか翌日の航空券をゲット。一時はどこかで住み込みで働く覚悟すら決めましたが、帰りさえ決まってしまえばこっちのものです。安堵しておまけの1日を満喫したのでした。

相変わらずの、お熱いメキシコ!

それにしても、そろそろnojimockは成田についているはず。連絡がないのは、なにかの事情があったのか、はたまた全く心配されていないのか??どうやら東京は台風で大変な模様ですが、nojimockの飛行機はずいぶん前についているはずでしょう?

その頃のnojimock、なぜか未だ飛行機に缶詰めだったのです。erimockが空港にて一夜を明かし、新たな航空券を手配し、おまけの1日を満喫し、さらに寝て起きた頃、ようやく新千歳空港に到着した模様です。1日半遅れで出発しつつ、乗り継ぎもすんなり、快適に帰れたerimockになんと遅れること4時間、nojimockはようやく成田に到着!なんとメキシコ→成田、27時間の旅。おつかれさまです。すでに終電ぎりぎり、預けたものの行方不明になっていたハンモックをなんとか見つけ、最終バスへ飛び乗る。さらに走って小田原行きの終電へ。やっと帰れると安心したところで、車内に泥酔した課長を発見。サングラスをかけて身を隠し、なんとかばれずに家に到着。結局メキシコから帰るのに3日かかりました。


※青空市場のハンモック屋さん

とんだファイナルとなりましたが、ツイッターでハンモック隊を追いかけてくれていた皆様、ご心配をおかけしました、お騒がせしてすみません!
無事に帰ってこれて、生きてて、本当によかった・・・いろいろありすぎたメキシコだったけど、ビバメヒコ!
(※メキシコへ行く際は、直行便のアエロメヒコより、アメリカ経由をおすすめしたい)
(※メキシコでおなかをこわした際は、Imodiumをおすすめしたい)
(※チェックインは、自動ではなくカウンターへ行くことをおすすめしたい)



次に行くときは、カリブ海で浮かれてハンモックをするんだ!アディオス!
(完)



タコでポヨ!
※タコでプルポには要注意!
| メヒコ日記 | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hammock-labo.com/trackback/914726
トラックバック