<< ブルーベリーガーデンで天然酵母の石窯パンでミーなガーとハンモックを! | main | ベリーモックな森へようこそ!石窯パンでミーなガー会 >>
IWJ企画・メモリアルウィークin小田原 に参加します!
ぎりぎりのお知らせになってしまいましたが、8月20日〜26日の間、こちらのブログにも何度も登場している根府川の旧片浦中学校にて、IWJによるイベントが開催されます。

その名も ”メモリアルウィークin小田原 ー記憶にとどめる夏・記憶に残る夏休みー” 


IWJとは、ジャーナリストの岩上安身さんが代表を務める団体で、インターネットを通じて社会における様々な出来事を中継・配信したり、インタビューやイベントの企画をされています。
今回は、3/11の東日本大震災に関わるさまざまな動きを可視化するというインスタレーションを軸に、他団体も巻き込んだワークショップや展示などが企画されていて、それぞれの人が現状について考えたり、語り合うきっかけとなってもらいたいという想いがこめられています。
さらには福島の子どもたちを招いて、あの海と山と空に囲まれた素敵な片浦で、思い切りのびのび夏休みを満喫してもらいたい、という意図もあるのです。



そこで、こんなときこそハンモック研究会♡♡♡
なんだか堅いことを言ってきましたが、単純にー記憶にとどめる夏・記憶に残る夏休みーを演出するお手伝いとして、3月11日の突然の出来事以降、恐らく日々緊張を強いられてきた子どもたち、もちろん大人たちにもくつろいでもらえれば、との想いから、とりあえず20日に校庭にハンモックをはらせていただくことになりました!
こんな状況だからこそ、ゆるゆるなハンモック研究会の出番だと思うのです。海を見渡し、木々に囲まれ、ときには猿があらわれ、きっとみんなゆるっと笑顔になるはず!ハンモックばんざい♡


実はわたくし、個人的に今回のイベントのインスタレーションの制作もお手伝いしています。
ひさしぶりにえいえいと頭をしぼり、汗をだくだく流し、がんばりました。4階多目的室で展示しています。
なかなか見応えがあるかと。ぜひ見にきてくださいね!


その他にもトークショーや、講演会、映画の上映会や演奏会など、期間中はイベント盛りだくさんです!また参加や出展については今なお受け付けているようなので、伝えたいことがある方、楽しみたい方、どしどし提案されてみては良いかと思います。

最後に、この場を借りてわたしからお願い。
このイベントは参加型の、文化祭のようなイベントになっています。
片中のこれまでのイベントに比べると規模も大きいし、なんで片中でやるの、と不安や不思議に感じている小田原の方々も多いのかな、と感じています。
たしかに片中でやることを前提とした企画ではないけれども、この期間、あの場所だからできることや伝えられること、広がること、そして結果としてのちのちつながっていくことなど、いろいろあると思うのです。
やっぱりあの場所でやる意味は大きいと思うのです。


わたしはスタッフではないのですが、小田原に思い入れのある方々も、そうでない方々も、みなさまそれぞれご理解・ご協力、そしてご参加いただけると、とても嬉しく思います。
そしてそして、IWJはサポーターのカンパで成り立っているような小さな組織です。
ボランティアスタッフやカンパ支援など、引き続き募集しています。ご協力いただける方がいらっしゃれば、ぜひHPよりご連絡していただけるととてもありがたいな、と。

いろんな立場、意見があるかと思いますが、そのうちのひとつとして、IWJボランティアスタッフのわたしの友達・福島県出身のじゅりちゃんの想いを紹介します。こちらもぜひ読んでみてね。

堅い話になりましたが、絶景を楽しみに、ぷらっと足を運んで、ゆるっとたのしんでいってください!
ではではハンモックはってお待ちしてます☆

※ちなみにあしたはブルーベリーガーデンでハンモックだよ
(e)
| - | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hammock-labo.com/trackback/914700
トラックバック