ハンモッ句会
本日は句会。初夏の代々木公園と明治神宮を散策する青空句会なのでした。あいにく晴天ではなかったけれど、雨には降られず、まずは代々木公園で行われたタイフードフェスを昼食がてらひやかすことにしました。
が、みんなタイに飲まれ、タイ酔いしました。そんなわけで、代々木公園でハンモックをかけて休憩。

思えば、ハンモック研究会が第2回研究会を開いたのが代々木公園。あれから3年戻ってきたよー代々木!っていう気持ちになりました。

ハンモックって人に揺らされるとちょっと酔う、風に揺らされるくらいが心地良いのでしょう。
その後明治神宮へ行き、新緑と神前の結婚式などを見たあと場所を馬場に移して句会を行いました。本日わたくし準特選を2句いただきました!やったー!というわけで僭越ながらご紹介。

白無垢が似合うよねって樟若葉 翠柑

明治神宮で白無垢を見ました。そこに大きなくすの木が2本。若葉をくすくすいわせながらそんな事を話していました。近々白無垢を着る蚕豆さんを想って作りました。

万薬は祖母の呼ぶ声蛇苺 翠柑

蛇苺は35度の焼酎につけると、切り傷擦り傷に効く塗薬になります。おばあちゃんが怪我を作って帰ると「こっちきなさい」って塗ってくれるのです。
ほんとに効くのかわかんないながら、その声に周りも少し安堵してしまうのです。

選ばれなかったけど、、
手を合わす空しか知らぬはそら豆か 翠柑

これは隠れ仏像俳句です。不空羂索観音という仏があって不空の意は「空しからず」つまり願い事はなんでも叶えてくれるという大仏さんで、空しからずを空しか知らぬに変えて、空に向かって直立するそら豆とかけて詠んでみました。空にむかえば願いはかなうのかな。ともあれ、そら豆は今が美味しいですよね。
| 蒙昧 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |